TOP事業説明島ひきおにとは引島についてイベント報告掲示板

『島ひきおに』 とは?
 

広島県、大柿町出身の児童文学作家-山下 明生(やました はるお)先生が郷土の柿浦漁港周辺を舞台に書いた童話です。

 

 

 

あらすじ・・・

 昔、広い海の真ん中の小さな島に、ひとりぼっちで鬼が住んでいました。鬼は、毎日毎日ひとりぼっちがさびしくて、漁師たちが言った、口からでまかせを信じ、島を引っ張って海を渡っていくのですが・・・。 何も悪いことはしないのに、人間たちに恐がられる存在の鬼の、かわいそうなお話です。 けむくじゃらの鬼は、人間と友達になりたくて「おーい、こっちゃきてあそんでいけ!」と呼ぶけれど、人間達は怖がって誰もよりつきません。すみかの島までひっぱっていくけれど、誰も仲間に入れてくれません。人恋しくて孤独なおにの気持ちがなんとも切ない。
けむくじゃらの鬼の絵が、またなんとも心に響きます。

(山下明生文 梶山俊夫絵 偕成社 1973年 )

 
↑この本を購入する