TOP事業説明島ひきおにとは引島についてイベント報告掲示板

◆2015年8月30日
おおがき『島ひきおに』カヌー教室
引島カヌーツーリングその他
の様子です

  前日も雨も止み、くもり空で、あまり暑くもなく過ごしやすい中、恒例「島引きおに」のイベントが開催されました。

 重長会長あいさつのあと、引き島の由来を紙芝居で紹介する物語がありました。地元の主婦たちによる紙芝居で、山下明夫さん作によるものです。これまでも何回も上演されたものですが、日本昔話しにでてくる童話のようで、わかりやすく興味をひく内容でした。

そして1時間弱をかけて引き島を1周するカヌーツーリングが午前と午後2回行われました。小学生がメインのツーリングでしたが、伴走艇を抜く勢いの先頭集団と低学年の安全に注意するマイペース群になりました。途中止まって待機したりして、連れ立ってみんな元気に引き島を廻って帰ってきました。

今回も柿浦女性会名物、たいめしとそうめんが振る舞われました。このさくら公園にはテントとステージが仮設され、音戸高校によるバンド演奏も行われ、昼のひと時を飾る楽しいイベント内容となりました。そして、参加した地元の小学生も元気いっぱいで笑顔あふるれるイベントとなりました。

開会式での会長挨拶。たくさん集まりました。 カヌーイベントのキャプテンから注意事項の説明。安全にはしっかり配慮します。
島ひきの紙芝居。島を引くおにの話です。 村人たちは無邪気な「鬼」に大騒ぎです。
お昼の音戸高校の生徒によるバンド演奏。イベントに花を添えます。 も一つ3人グループによるバンド演奏。カッコイイです。
音戸高校軽音部はクラシックからポピュラーまだ幅ひろい演奏をしてくださいました。 国体出場経験者による模範レース。赤い初心者用ボートに比べて相当スピードにのるのが早いです。
伴走艇と一緒に走ります。大きな海、穏やかな風。暑くもなくサイコーのスタートです。 途中の様子。早さによってカヌー群がいくつかできてきます。
景色が一変してきます。引島は灯台しかない無人島です。 折り返し地点です。半分経過。
ピットで待つ親御さん。 閉会式です。講評は小道様から頂きました。