TOP事業説明島ひきおにとは引島についてイベント報告掲示板

◆2010年7月19日 おおがき『島ひきおに』ヨット体験航海の様子です

 すでに梅雨あけし、真夏の日差しが照りつける平成22年7月19日、おおがき島ひきおにヨット体験航海が開催されました。今回は北海道から双胴艇を所有する森川氏をお招きし、わざわざ3ヶ月かけて広島まで来ていただきました。この艇の中はまるで高級ホテル並の装備を有し、大変豪華な雰囲気に子供も興味深々で、艇の先端での航海とともにいろいろな部屋をのぞいて楽しんでいました。体験航海のコースは呉港までの往復で、一億円落札で有名になった塩山や自衛隊の呉基地・艦艇まで間近で見学でき大変有意義な航海となりました。

 

帆走で18ノット出る高速ヨットだそうです。エンジンでは7ノットだそうです。あまりにも高性能なので普通のヨットとレースをする時は、かなりハンデをつけられるようです。

「悠」と書いて「はるか」と読みます。なかなかカッコいい名前です。引き波がほとんど出ない流体的に研ぎ澄まされた船体でした。

双胴艇のヨットに乗る機会などめったにないので、子供たちは興味深々です。船の先端から後ろまで冒険探索をしていました。

船内にはGPS・パソコン監視カメラ等の電子機器が搭載されています。インターネットも無線を使い可能になっています。調理場やシャワー室・寝室等もありさながら豪華ホテルに近いすばらしい装備になっています。

 

船長の森川さん。ヨットであちこちに寄りながら航海するのが趣味だそうです。ヨットは宿泊と移動を兼ねているので贅沢しなければ意外と安く旅行できるとおっしゃっていました。子供たちのために船をお貸しくださりありありがとうございました。島の子供は船酔いする子がいないと関心していました。

◆2010年7月19日 おおがき『島ひきおに』カヌー体験教室

この日の午後からカヌー体験教室が開催されました。午前にヨットに乗った子を中心にカヌーだけの子も加わりにぎやかに始まりました。まず基礎からということで地上でのオールのさばきをひとつづつ音戸高校カヌー部員から教わりました。何回か講習を受けている子もあり、スムーズなオールさばきをする子もいます。ヨットを停泊している関係で出口が狭くちょっと海に出にくいところもありましたが、内海に出たあとは広々した海で元気いっぱいに島の海をスイスイ漕いでいました。

オールの基本的な持ち方を教わる

ひとりで漕ぎ出すが狭い走路で最初が難しかったよう